魚沼産コシヒカリ価格・値段
魚沼産コシヒカリギフト・贈答
定期購入・年間予約
魚沼米の美味しい理由
魚沼産コシヒカリ生産者
コシヒカリ生産農家紹介

魚沼産コシヒカリのおいしい理由

魚沼の田んぼ 魚沼産コシヒカリはおいしくて非常に人気が高いお米です。そのおいしい秘密は、ここ魚沼の土地にあります!
魚沼産コシヒカリは、お米屋さんでも一番高い値段で取引されていて、「食べてみたいけどなかなか購入できない」、「せっかく購入したけど、もしかしてブレンド米かも知れない」という心配が尽きません。そこで、100%本物の魚沼産コシヒカリを手に入れるためには、「生産農家から直接お米を購入する」ことが一番確実です!

米どころ魚沼は、25年連続「特A」認定の国内最高評価

魚沼の稲刈り 日本一のお米「魚沼産コシヒカリ」を育てる魚沼地方は、新潟県南部に位置し、北魚沼・中魚沼・南魚沼の3郡からなります。谷川岳から流れる魚野川と、その西の信濃川中流域をさしています。
 魚沼産のお米の収穫量は新潟県全体の約10%、その中でも、南魚沼の塩沢町・六日町、そして中魚沼の十日町市「特A地域」のお米の生産地と呼ばれ人気があります。なんと25年以上も「特A」の食味を維持し続け、国内最高評価を受けています。1993年(平成5年)に発生した平成の米騒動の年でも、「特A」認定を受けた国内唯一の美味しいお米の産地です。魚沼産といっても本当においしいコシヒカリは、わずかしかありません。

魚沼産コシヒカリの本当のおいしさの秘密

お米のおいしい気候 中魚沼は、周りを山に囲まれ、夏期の昼夜の温度差が非常に大きい地域です。これこそが、お米の味にとっての最適の条件をつくっています。昼間、光合成でたっぷり作られたデンプンは、夜間に穂に蓄えられます。しかし、夏場の育ち盛りの稲は、夜間温度が高い日が続くと、せっかく昼間に蓄えたデンプンの消耗度が増し、食味を悪くする原因となります。

しかし、魚沼地区の夏場は夜間温度が低くデンプンの消耗が非常に少ないのです。これこそが魚沼地域のお米の食味を良くする大変重要な要素となっているのです。
 そして、何といってももう一つの要素は「魚沼の水」です。日本でも有数の豪雪地帯でもある中魚沼の十日町市。その豪雪ぶりは、教科書にも載っているほど。その山からの豊富な雪解け水が、お米の生育に重要なミネラルや栄養分を与えているのです。